<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

道場を設計したい考・その3(タタミ)

最近の道場床は、体育館の武道場のように弾力性のある金属床下地(下のイラスト参照)の上にスポーツタタミを敷くのが主流になっていますが、昔は耐久性のある琉球畳が使われていました。小平道場も数年前までは琉球畳の上に帆布シートを敷いて稽古していました。なので固くて痛かった。僕はそこで合気道稽古を始めたのでそんなものだと思っていましたが、スポーツタタミに交換したときに初めてなんて痛くないんだろうと感じたものです。飛び受け身もへっちゃらです。(写真は交換直前の小平道場の琉球畳。先輩達の血と汗がしみ込み、相当年季が入っていました。)
小平道場の琉球畳
金属床下地
★ブログランキングのため
よろしければ下のクリックを!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 合気道 | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://samuraiarchitect.blog.fc2.com/tb.php/171-30fe422f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。