<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

『和風』と『北欧スタイル』

木をたくさん使うと和風に見える?確かにタタミが無くてもそう見えるかもしれません。でも北欧スタイルも木がたくさんのイメージでは?特に白壁に白木を組み合わせた空間は。恐らく空間のテイストが似ているのだと思います。だから和風の空間に北欧の照明器具はピッタリマッチするし、逆に北欧の空間に和風の雑貨は違和感なし。
写真の東久留米N邸はそんなことを考えながら設計したものです。針葉樹を多用し過ぎると和風と言うより(少し野暮ったい)民家風に見えてくるので、この建物ではそうならないよう留意しました。洋風だけど『和』を感じる・・そんなイメージです。
東久留米N邸

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 和建築 | 15:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://samuraiarchitect.blog.fc2.com/tb.php/17-ce71ad56

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>