<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

道場を設計したい考・その1(正面)

「正面に礼、お互いに礼」で始まる稽古。その「正面」って何?小平道場には神棚もありますが、本来はその横に飾られている開祖の写真でしょう。(ちなみに小平道場には吉祥丸先生の写真も飾られています。)お茶室の場合、どこが上座(=正面)に当たるかは床の間の位置もその手がかりとなりますが、かと言って下座に床の間を設ける下座床もあるので、そればかりでは上座も決めにくく・・なかなか悩ましいです。
話しはもどって合気道道場の場合、例えば荒削りの木壁の一部に真っ白な平滑壁があり(できれば壁の中心ではなく少しずれている方が和的か・・)、そこに開祖の写真があろうものなら、そこが正しく正面と分かりますね。そんな建築的操作も道場計画にはあってしかるべきと思います。
植芝盛平
★ブログランキングのため
よろしければ下のクリックを!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 合気道 | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://samuraiarchitect.blog.fc2.com/tb.php/168-0fda793b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>