<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

生活を彩るということ

以前にも書いた足立区のH邸。古い桐箪笥は設計段階からお持ちになっていたものですが、こんな風にさりげない演出がされていました。突然の訪問なのに、いつもこんな感じで生活されているのかと思うと嬉しくなります。私は器としての建物は設計できますが、そこでお住まいの方の生活まではどうこうできません。なので生活を彩り、楽しんでおられることを感じると、建築家冥利につきる訳です。

堀口邸桐箪笥

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 和建築 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URI

http://samuraiarchitect.blog.fc2.com/tb.php/16-391fbe34

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>